説明: http://www.jichirotochigi.jp/top_images/jitirotochigiklogo1.gif
 
 

 




県民の安全・安心を支える公務・公共
サービスの実現に向けて!


執行委員長 松本敏之


 台風7号により8月17日朝に烏山線が運休など影響がありましたが、みなさまのところではいかがでしょうか。8月17日、宇都宮は8日ぶりの猛暑日になりました。暑い中、オリンピックの選手の活躍が報じられています。小山市出身の萩野公介さんが競泳で金、銀、銅の3つのメダルを獲得、おめでとうございます。また、高校野球は作新学院が8月17日の第3試合で、6対2で花咲徳栄に勝ちました。準々決勝でも活躍を期待したいと思います。(8月21日追記:決勝戦で7対1で北海高校に勝ち、54年ぶりの優勝。おめでとう!)
 8月8日に人事院が月例給、一時金とも引き上げる給与勧告をしました。708円の官民較差のうち206円を本府省業務調整手当に配分するのは、春闘による民間賃金の引き上げの一部が自治体労働者に波及しないことになりかねない問題があります。配偶者に係る扶養手当は、民間準拠であるべきと自治労や公務員連絡会が強く主張したにもかかわらず、来年4月に10,000円、再来年4月に6,500円に引き下げる勧告は、民間準拠原則からはずれています。子に係る扶養手当を8,000円、10,000円に上げるから、ということでは済まされない問題です。
 本日開催した県本部執行委員会で賃金確定闘争の職場討議案をお持ち帰りいただきました。人事院勧告の単組学習会を8月9月に全単組でやりきろうとお願いしていますから、学習会で勧告の問題点と単組の賃金確定要求をご議論いただきたいと思います。そして、12月議会には労使交渉、合意を踏まえた給与条例改正が提案されるように、自治労中央からは11月18日が交渉決着目標と示されていますので、早速8月中に執行委員会を開いて単組の要求討議を始めていただき、10月中旬までの要求書提出をお願いいたします。
 8月20日、21日と、とちぎ健康の森で自治労全国の女性部総会、栃木県総合文化センターで青年部総会が開かれます。各単組の女性、青年を中心に、総会成功のためのご協力をよろしくお願いいたします。そして、8月25日、26日に長崎で自治労第89回定期大会が開催されます。今年はいわゆる中間年大会、2年間運動方針の折り返しの大会で、任期中途でお辞めになる方を別にして役員改選も行われません。栃木県本部は、第1号議案当面の闘争方針案に賛成する立場で、発言も準備します。代議員傍聴あわせて22単組と県本部から84人が参加することになっています。参加単組には「参加者ガイド」をお配りしましたので、よく読んでご参加下さい。
 栃木県本部は独自に現業・公営企業・公共サービス民間統一闘争として方針化していますが、全国の現業・公営企業統一闘争については、賃金確定闘争の前段で、10月6日までに要求書提出、10月12日回答指定、全国統一闘争日は10月21日と全国大会に提案されます。今年は、人事院勧告にもとづく給与法改正が臨時国会に提案・成立するかどうかも、このころがヤマ場になると思います。各単組の現業職場、公営企業職場の要求討論も加速していただきたく改めてお願いいたします。
 8月12日には自治労共済の単組代表者会議を開催して、お休みの谷間にもかかわらず30単組35人にご出席いただきました。会議では、共済の制度ごとの新規加入目標も単組ごとにお示ししてご確認いただきました。討論では、20代30代の若者に団体生命共済をはじめ共済をおすすめすることが重要と強調されました。自治労共済の理念は、「労働者自らが、自らの手で生活を守るとともに、組織をより強固なものにする」ということです。そのために、単組の執行部が共済の制度の有利なことを組合員にご説明して、ご理解をいただいてご加入いただき、加入者が増えることによってますます制度をよりよいものにしていく、こうして組合員の可処分所得を増やしていくことです。一時期、単組役員が共済の推進に消極的になる間違った傾向もあったとうかがいましたが、自治労共済の推進は労働組合のあたり前の活動のひとつである、ということを改めて確認して、共済の推進をお願いいたします。
 伊方原発の再稼働を強行、沖縄の高江では警察が座り込み住民に暴力をふるうなど、これらに反対する行動にもしっかり参加していきましょう。
(2016年8月17日)

kyousai-bana
zenrousai
自治労栃木県本部第66回定期大会
    10月15日〜16日開催
    詳細はここをクリック   
自治労栃木    

 組織内議員紹介
  

連絡先プライバリポリシー   Copyright (C) 2005 Jichiro Tochigi All Rights Reserved